育毛とタバコの関係

嫌煙、禁煙が広がってきている現代社会において、健康にさまざまな悪影響をもたらすとされる「タバコ」。血液や内臓のみならず、髪にも悪いなどと言われていますが、具体的にはどのような影響を与えるものなのでしょうか。


よく知られているものとしては、ニコチンが毛細血管を萎縮させるということです。タバコを吸ってニコチンが取り込まれると、毛細血管が収縮し身体全体の血流が悪くなります。これによって血流が悪くなり代謝の低下、さらには今までスムーズに栄養を送り届けていた血液の運搬力が低下し、毛根に充分な栄養を届けられなくなります。


本来は酸素を運ぶ赤血球内のヘモグロビンにその一酸化炭素ががっちりと結合するため、人間の細胞は慢性的に酸素不足になります。そして毛母細胞の代謝が落ちて、毛根の肥育も十分にできなくなってしまいます。喫煙による血流への悪影響のほかに加えてタバコは悪玉コレステロールという物質を酸化コレステロールに変化させます。


この変化した酸化コレステロールは、なんと血管の内腔に付着し、血管を詰まりやすくします。慢性的な血行不良から血管の老化に繋がり、さらには動脈硬化の原因にもなります。


一方、ストレスが育毛に悪影響ということで、タバコは一時的なリラックス効果になる場合もあります一度体内に取り込まれたニコチンは2時間程度で消失し、1日数本の喫煙であれば、それほどニコチンによる弊害は残らないそうです。それでもやはり肺胞に付着したタールが酸素交換力を低下させる事実もあります。


既に習慣化されている方は、「育毛のために止めよう!」と思ってもなかなか難しいのではないでしょうか。まずは一日の本数を減らしたり、何かタバコにかわるリラックス方法を定着させるなどして、徐々に禁煙へと向かっていく方法もあります。いきなり0本に禁煙してしまうとかえって強いストレスとなってしまい、抜け毛が増えることも予想されますから、バランスを見ながら付き合っていくことが大切かと思います。