育毛と睡眠の関係

髪の毛を正しくケアし、健康な毛髪を育毛することは、薄毛に悩む男性・女性の大きな課題です。育毛剤や育毛シャンプーhttp://www.chrisruel.com/6.htmlも自分に合ったものを使用したいところですが、それよりもまず大切なこととして「睡眠「」の重要性があげられます。


髪が育つ時間帯にしっかり寝よう

私たち人間も含め、すべての生物に欠かせないものが睡眠です。一日の疲れを癒しながら身体と心をゆっくり休めるだけでなく、寝ている間に一つ一つの細胞のキズを修復する、ホルモンを分泌させて体調を整えるなどの目的もあります。


成長期の子供は12時前には寝るように、などと言われることがありますが、これは人間の身体を成長させる「成長ホルモン」が関係しています。成長ホルモンは午後10時から午前2時の時間帯にかけてさかんに分泌されており、この時間帯は特に副交感神経が活発になるとされています。


質の良い睡眠は髪の毛を作りだす毛母細胞を活発にもしてくれるので、育毛を心がけている方はできるかぎりこの時間に寝ていたいものです。


寝過ぎは禁物

逆に、あまりにも長い時間の睡眠は逆に良くないとされています。人はたくさん眠れば眠るほどストレスを感じはじめてくるので、遅く寝ても次の日の昼まで寝ていれば大丈夫だろう…と考えるのは間違いです。生活習慣の乱れでも発毛は阻害されるので、寝るべき時間帯にきちんと寝るよう習慣化させなくてはなりません。


一般的に、7時間くらいの睡眠が人間にとっては望ましいとされています。しかし人によっては4、5時間くらいでもまったく眠くないという方もいますし、逆に7時間以上寝なければ寝た気がしないという方もいるでしょう。眠れない、とストレスを感じることも、発毛にとってはよくありません。なので、しっかりと寝るべき時間帯に熟睡することを念頭においていれば問題はないかと思います。


丈夫な毛髪の育成に、質の良い睡眠は大切な要素です。身体の健康のためにも、今日から規則的な睡眠を習慣化してみてはいかがでしょうか?