増毛するには?

「増毛」と「育毛」の違いについて、薄毛に悩まれている方にとってはどちらもあまり変わらないように思えるかもしれません。毛を増やすことと育てること、具体的には何が違うのでしょうか。


増毛とは

増毛とは現在生えている髪の毛に複数の人工毛髪を結びつけたり、特殊なシートで人工毛を地肌に貼りつけるなどして髪のボリュームを増やす方法です。また、人工毛髪を結び付けている細い糸を毛の中に紛れ込ませることによっても髪が増えたように見えます。


TVや雑誌などで増毛とうたわれているものは大抵この方法がとられています。育毛や発毛はそれなりの時間がかかる作業ですが、増毛なら手早く髪の毛を増やすことができるので、時間を取りたくない方に効果的な方法です。


また、増毛は一見髪の毛を増やしているとは分かりにくいため、普段の生活にも気軽に取り入れることができます。かつらや部分的なつけ毛には抵抗感があっても、目立たない方法で髪の毛が増えれば嬉しいですよね。


育毛とは

育毛は、人工的な毛を用いる増毛とは反対に、現在ある自分の髪の毛を育てていく方法です。頭皮や体質によってさまざまな方法がとられるのが特徴で、サロン以外に自宅でも育毛に取り組むことができます。抜け毛を防ぐだけでも育毛と呼ばれることがありますし、育毛と同時に生活習慣を改めることで心身ともに健康になるなど、なかなかメリットが多い方法でもあります。


育毛のコツとしては、自分の髪の毛が薄くなってきた原因をしっかりと把握し、ご自身の頭皮や体質に合ったケアを行って頭皮を清潔で血行の良い状態に戻すことです。そのためには、市販の育毛剤や育毛シャンプーを適切に選ぶことが大切です。


自宅ではケアしきれない方には、育毛サロンや育毛クリニックを利用する方法もあります。サロンでは特殊な育毛剤やシャンプーを使用しますし、頭皮の環境を整えるためのノウハウが行き届いているため、定期的にサロンを利用する方も少なくないようです。