抜け毛を防止する

最近抜け毛が増えてきた、一部分が薄くなってきたと思ったときに使える対策方法をご紹介します。


髪、地肌を清潔に保つ

特に皮脂の生成が活発な男性にとって、頭皮の余分な皮脂や古い角質は抜け毛の元にもなる恐ろしいものです。したがって、ブラッシングやシャンプーなどによってこまめに頭皮を清潔に保たなければなりません。


シャンプーしすぎると髪の毛が抜けるのでは、と思う方もいるかもしれませんが、皮脂が蓄積しすぎることによっても健康な髪が育たなくなってしまいます。また、溜まりに溜まった皮脂は臭いの原因にもなりますし、暑い時期は皮脂が原因で菌が繁殖し、皮膚炎やニキビの危険もあります。


髪と地肌を清潔に保つためには、出来る限り育毛シャンプーを使用するようにしましょう。石油系の成分が含まれていない、無添加でアミノ酸系のシャンプーはがもっとも理想的です。

また、アラキドン酸などの不飽和脂肪酸を摂ることによって、頭皮の血行を良くしてあげることも大切です。

睡眠不足を減らす

午後10時から午前2時のあいだにかけて、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。この時間帯は成長期の子供にとって重要といわれるほど、代謝が活発に行われます。睡眠不足になるとストレスが翌日にまで持ちこされ、ストレスは疲労からの代謝低下を招くため、健康にも良くありません。


ストレスを発散する

職場・家庭環境での精神的ストレスや激務、激しい運動などによる肉体的ストレスは髪にはっきりと表れてしまいます。ストレスを感じることによって自律神経の働きが乱れ、血行不良となり毛髪へ栄養が行き届かなくなることで抜け毛が起こってしまうのです。気づかないうちに髪の毛がごっそり抜けていたという事態に陥らないように、軽く体を動かしたり好きなことをするなどして、適度にストレスを発散すると良いでしょう。


日本人の薄毛人口は今や4人に1人といわれていますが、その原因の最たるものとしては不規則な生活習慣や食生活にあると考えられています。抜け毛は今や男性ばかりでなく女性にとっても深刻な悩みになりつつありますから、早い段階から生活習慣を見直してみることが大切です。